🧭

ZarcのMVV

ミッション

 

新しい価値を生み出す、0→10人材を輩出する

  • 0→10 (立ち上げ~PMF)までの仕組みを創り出せる能力
  • 現社員も卒業生(アルムナイ)も含めたZarcマフィアが、ビジネス&ソーシャルセクターにおいて活躍出来るようなリーダー人材を輩出する

ビジョン

 

持続発展的で、本質的な、社会的に意義のある仕組みを作る

  • 収益を上げることが目的ではなく社会的価値をゴールとし、事業を持続発展的に成長させるために収益を上げる人・組織・事業の拡散に寄与する
  • 子供達の世代・将来の子供達が生き生きとした社会創りに貢献する

バリュー

 
バリュー詳細
Ⅰ「クレイジーであること」 (熱中する、子供心を持ち続ける)
① 99人から否定されても自分が世の中に必要だと信じるもの / 熱中できるものを徹底的にやろう
周囲から無理だと言われても、世の中に必要だと思うことは、我々がチャレンジして道を切り拓こう
逆に社会に必要ないと思うことは堂々とやらない
②「どうせ無理・難しい」という価値観や思考を除き、0 ベースで考えよう
既存の文化、慣習、バイアスにとらわれずに柔軟に考えよう
時にはクレイジーに、子供の如く色んな視点から考えてみよう
③ 遊び心やゆとりを持って、楽しもう
どんどん雑談しよう。ゆとりのある心でいると、新しい気づきを生み出してくれることがある
自分達が楽しくやらないとステークホルダーに想いは届かない
Ⅱ「失敗上等の態度で挑戦すること」
① 0→10過程では失敗はつきもの。結果的に失敗になることを恐れずに仮説思考で堂々と進めよう
失敗したコト / ヒトを絶対に責めない
失敗した側も堂々と透明性を持ってシェアしよう
② 考えよう、但し悩まない。スピード感を持って「70%Go」精神で進めよう
1か月かけて熟考した90%の確度なんていらない
数日間の70%、「直感・直観」を信じてどんどん進もう
③ 失敗を受け入れ、糧にして、次に活かせるようにしよう
失敗は次に成功するための好材料
きっちり向き合い、内省して、次に活かそう
Ⅲ「プロフェッショナルであること」
① 常に自ら成長しよう、自己研鑽しよう
学びに終わりはない、学びを止めたらそこが君の限界
質の高い学びをどんどん吸収、シェアしていこう
オーナー意識・当事者意識を持とう
どんな仕事にも自律的に考えて、動こう
言われたことをやるのではなく、言われたことを咀嚼して自分の考えを持って行動しよう
③ 常にチームのバリューが出るように心がけよう
自分のタスクをこなすことに満足せず、チームに価値が出ることで満足しよう
価値が無い仕事、タスク、やり取りは不要。そんなものは遠慮せずに思い切ってやめよう
Ⅳ「仲間を信じて共創すること」
背中を預けられるプロがいるから、安心して頼ろう。もし、他人から頼られたら喜んで協力しよう
全てのレーダーチャートがフルスコアの人間なんていない
何でもかんでも自分で解決しようとせず、強みがある人にどんどん頼って良いものを作ることに集中しよう
老若男女・役職・現役/OB問わず、みんな平等でいよう
Zarcメンバー・アルムナイ・取引先の持てる知恵を総動員し、メンバーの意見を真摯に受け止めよう
松下村塾の如く、上司も部下も一緒に学び同じゴールを目指そう
③ 常に自分の役割の1個上にいったつもりで、視座高く考えて行動しよう
社会が作ったもの>みんなで作ったもの>一人で作ったもの
個別最適ではなく、全体最適を心がけよう
Ⅴ「世の為・人の為・将来の為になること 」
① 自分の良心・倫理観に従い、社会的に正しいと思える行動をしよう
席を譲る人はやらない奴より100倍カッコイイ(まずは出来ることからやろう)
やって貰って嬉しいコトをしよう
② どんな人・意見にもまずは敬意を持って接しよう
自分と異なる価値観があって当たり前
まずは他人の考えや価値観を知ることから始めよう
③ 子供たちの為であり、将来の世代の為になることをやろう
今の自分達があるのは先祖の世代のおかげ
自分達が自信をもって後世に伝えることができることをやろう